2018年7月、西日本豪雨災害について

まず、この度の西日本豪雨災害により亡くなられた方のご冥福を お祈りするとともに、被害を受けられた皆さまに、心から お見舞い申し上げます。

一日も早い復旧と皆さまのご健康を心よりお祈りいたします。

 

ここから少しばかり、私自身の想いを書かせていただきます。

2018年に広島を始め日本に大きな傷跡を残した、降雨災害。
それは広島レモンの産地、呉、三原も大きく影響を受けました。
土砂災害、交通網分断、亡くなられた方まで、広島で最も被害が大きかった地区です。

 

すぐにでも被災地へ向かいたい、何かお手伝いをしたい。そう考えました。
しかし、中々時間が取れず、交通手段もない中で素人の私が無理やりいっても、など考えたりもしました。
そんな私は言い訳ですが、時間の都合もありボランティアに行く事ができませんでした。

でも、自分ができる事でなにか貢献できるんじゃないか。
他の人にはできない方法で、呉や三原の方々に貢献できるんではないか。

私はそう考えました。

 

私はレモネードが作れる。

 

呉や三原は現在壊滅的です。その被害にあわれているレモン農家さんからレモンを仕入れることで、復興に貢献する。
そしてそのレモンで作ったレモネードの売上の一部を寄付する。

それが、私の考えた被災地に向けた”ボランティア”です。

現在実店舗オープンに向けて準備中です。
私のボランティア活動は、これから始まったばかりです。

 

出店する事が、広島にとって、レモン農家にとって、素敵な事だと感じてもらえるように。

それが私の社会貢献だと、考えています。

 

2018.8.1 Fooca communications 谷