大崎下島レモン農園訪問③

レモン農園へ。

 

とうとう本土を離れ、島に渡ります。

中元さまに連れられ大崎下島に向かいます。

道中に見える海峡、橋からの風景、島の入り江などどこを切り取っても美しい景色が並びます。

特に山側にはオレンジの点々が。

そう、特産のミカン畑です。

(レモンは時期的に青いので遠目ではわからず、)

まずは歴史を知るために「みかんメッセージ館」に。


廃校を利用したとの説明をいただきましたが、とても綺麗で
「本当に廃校ですか?」と思わず聞き直してしまいました。

 

黄金の島と言われた所以や、どのようにしてみかんやレモンが広がっていったか。

 

このとびしま地区、実は結構すごい場所だったんです!

様々な柑橘類が広がる技術だったり、発祥の場所であることが多いんです。

詳細はぜひみかんメッセージ館に足を運んでみてください。

そのあとは念願のレモン農園へ。

ここではレモン農園の現状や、広島の大学生との新たな企画や、

またIoTやドローンを活用した農園改革など、様々な取り組みを拝見しました。

そこで残念なお知らせ。

なんと「写真NG」

最新の技術やブランディングの観点から当然なのです。

許可の出た遠目からのレモン農園をパチリ。

大崎下島 レモン農園

時間にして約3時間、たっぷりと中元さまに同行いただき知見を増やしてきました。

帰りは島々の美しい風景に再び癒されながら。

実に収穫のある見学でした。

とびしま柑橘倶楽部のみなさま、ありがとうございました。

これからの出店などで、広島のレモンにどんどん貢献できるよう活動してまいります!!

前回の記事はこちら